パソコ ン処分・パソコン廃棄・パソコンリサイクル・パソコン回収・パソコン無料取引のグリーンアース
不要OA機器回収・PCリサイクル・家電リサイクル・非鉄金属回収・不要パソコン・電子機器等の無料取引!送るだけ!

パソコン廃棄
パソコン廃棄  手続き  漏洩  無料  安心  再資源化  お問合せ



houzinsamadaikanngei

パソコンの歴史

世界で最初の個人向けコンピュータはアップルコンピュータ社(現在のアップル社)の「AppleII」と、コモドール社の「PET2001」だろう。
特に、AppleIIはタイプライターと同様のキーを搭載し、カラーグラフィックスが利用可能な画期的な製品だった。PET2001も人気はあったが、キーボードが押しボタンスイッチでかなり安っぽかった。
価格はいずれも30万円程度だったと思う。メモリは32KB程度だった だろうか。
日本ではNEC PC-8001がメモリ16KBで16万8,000円という低価格で登場した。ライバルのシャープMZ-80の方が搭載メモリの多い分だけ少し高かったように記憶している。
当時のIT部門(EDP―電子データ処理部門と呼ぶことが多かった)はPCを「おもちゃ」だとみなして無視した。
しかし、一部の利用者は部署の予算で、時には自腹でPCを購入し、ビジネスの現場に持ち込んだ。表計算ソフトは営業活動や予算管理の手間を大幅に省き、「OA(オフィスオートメーション)」と呼ばれた。
最初はアプリケーションがほとんどなく、当時のPCに標準搭載されていたBASIC言語の勉強から始めた人も多い。
筆者が最初に教壇に立ったのも、パソコンショップが主催していたBASIC言語の講習会である。
さすがに業務アプリケーションまで作る人は少なかったが、
その後登場した表計算ソフトにはBASICに似たマクロ言語が搭載されており、プログラミングの知識は全くの無駄にはならなかった。
初期のPCはネットワーク機能を持っていなかったこともあって、部門単位で導入が進んだ。IT部門の管理下にはなく、電卓やワープロと同レベルで広まっていったので、導入の障壁は小さかった。
しかし、導入を進めたのはエンジニアではなく営業担当者やマネージャだった。OSもアプリケーションも、今よりずっとバグが多かったし、ハードウェ アも不安定だった。
ITサポートは得られないため、通常の業務とは別に、ボランティアとしてPCのサポートをした人たちのことを忘れないで欲しい。

 

GO TOP
ホーム | 手続き | 漏洩 | 無料 | 安心 | 再資源化 | お問合せQ&A
株式会社クレシ     グリーンアース 
神奈川県川崎市川崎区小島町4−3 TEL:044-280-6119 
E-mail
:green-earth817@nifty.com 《 パソコン廃棄 》  パソコン廃棄ニュース
平日(月〜金)9時〜18時、土曜日は隔週営業しております。
<<7月6・20日/83日・17日・31日は営業しております>>
神奈川県公安委員会 第452510001699 号 web design by Green Earth
※お問合せはメールにてお願い致します。 お電話での質問、相談等のお問合せが殺到し、繋がりにくくになっております。恐れ入りますが、ご協力お願い申し上げます。